電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

気の倹約

わかき時より 老にいたるまで 元氣を惜しむべし

年わかく康健なる時よりはやく養ふべし

つよきを頼みて 元氣を用過すべからず

わかき時元氣をおしまずして 老て衰へ 身よはくなりて 初めて保養するは

たとへば財多く富める時 おごりて財をついやし 貧窮になりて財ともしき故 初めて倹約を行ふが如し

行はざるにまされども おそくして其しるしすくなし

(source : 『貝原益軒 養生訓』)

 

 

何をしている訳でもないのに  就寝が明け方になる

時間がもったいないので  お菓子だけで食事を済ませたりして

そういえばご飯をしばらく炊いていない・・・

20代の方の生活をうかがってみると  こんな話がでてくることもしばしばです

 

それでもなんとか毎日過ごせるのは  若いときには「元気」があるから

益軒によるとこの「元気」

浪費は大敵だそうです

年をとったときに慌てないためにも「気の倹約」をし 早くから養生に努めることが大切です

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP