電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

精を移し気を変ず

往古人 禽獣の間に居し 動作して以て寒を避け 陰居して以て暑を避く

内に莧暮の累なく 外に伸官の形なし

此れ恬澹の世 邪深く入ること能わざるなり

故に毒薬も其の内を治すこと能わず 鍼石も其の外を治すること能わず

故に精を移し祝由して巳ゆるべし

(source : 『黄帝内経素問 移精変気論篇』)

 

 

中国古典医学書の『黄帝内経』

そんな古い書物にも  昔の人は・・・それにくらべて現代の人々は・・・という一文があります

 

昔の人は生き方が単純で

狩猟で生活し  寒ければ動き暑ければ陰で過ごす

思い煩うこともなく  出世のために心身をすり減らすこともない

精神が安定しているため  邪が襲っても体の奥深く入ることがない

現代の人はその対極の生き方をしているため  季節の変化にも順応できず

邪に襲われやすく なかなか病が治らない・・・と

 

「病が治らない」と  色々な方法を試してみるのもよいですが

実は足し算ではなく  シンプルな生活を取り戻すことが大事なのかもしれません

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP