電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

百病は気より生ずる

百病は気より生じるを知るなり

怒れば則ち気上り 喜べば気緩む

悲しめば則ち気消え 恐れば則ち気下る

寒ゆれば則ち気収まり 炅すれば則ち気泄る

驚けば則ち気乱れ 労すれば則ち気耗し 思えば則ち気結す

九気同じからず

(source : 『黄帝内経 素問  挙痛論篇』)

 

 

気というものが何かわからなくても

激怒すれば  頭に血が上っているような感じがするし

悲しみが強いと  消えてしまいたくなるような思いに襲われるときもある・・・

 

感情は気を動かし  気もまた感情を左右する

そしてこの気の異常が病の原因となってしまうのです

 

 

怒りによる気の上逆は吐血や下痢を

考えすぎは気を停滞させ痛みを起こします

 

ここのところ「息が入っていかない」という訴えがとても多いのですが

そんな時は過労を疑います

労働による汗は外気を さらに気が動いて喘ぐと内気を外に出してしまいます

休めない日が続くと  内外の気が補われることなく消耗し続けます

しかも暑い日が続くと大量に汗をかいて  消耗が進んでしまうからなのです

 

疲れがたまる前に  涼しい木陰で深呼吸

自然の気を補給して またがんばりますか

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP