電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

梅雨!足がつる!

南方なる者は 天地の長養するところ 陽の盛んに処なり

其の地 下く 水土弱く 霧露の聚る所なり

其の民 酸を嗜好みて腑を食す 故に其の民 皆致理にして赤色なり

其の病 攣痺す 其の治 微鍼に宜し

故に九鍼なる者は 亦た南方より来たる

(source : 『黄帝内経  素問 異法方宜論篇』)

 

 

今年は土運の大過で  「土」の力が旺盛な年回り

植物がよく育つ一方で  湿気が多く  筋肉の病が多い年でもあります

普段でも梅雨時は筋肉の痙攣に要注意なのですが

先週末から今週にかけて 「足がつる!」という訴えの患者さんが増えてきました

 

上記の『黄帝内経』の一文は  古代中国の湿気が多い地方に住む人の話ですが

この時期  参考になることは多いですね

 

陽気が多く  地形が低いために霧や露とともに暮らす人々は

酸味のあるもの  発酵食品を食し

細い鍼による治療で体調を管理していました

現代に伝わる鍼治療は  筋肉の病の多いこの地域から発生したものといわれています

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP