電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

嵐の夜に

凡そ刺の法は必ず神を本とす

血脈営氣精神は、此れ五蔵の蔵する所なり

其の淫泆(いんいつ)、離蔵するに至っては則ち 精失し、魂魄飛揚し、

志意悗乱(ばんらん)し 知慮身を去るは何に因って然るか

天の罪か、人の過ちか

(source : 『黄帝内経霊枢 本神篇』)

 

 

五臟は肉体を維持するだけでなく 正常な精神活動をも担っている

それが激しく動揺すると

肉体や精神をしっかりつなぎ止めることができなくなる

宿をなくしたものたちは 体内を自由に飛遊するが 混乱し消耗してしまう

この動揺のきっかけとなるのが「天の罪」あるいは「人の過ち」・・・

 

不調の発症時期を問診すると 「震災以来」という答えは相変わらず多いのですが

鍼には蔵を離れた精神魂魄を引き戻す力があるようです

 

人は天変地異には抗うことはできませんが

過ちをただすことならできそうです

それが反省であり養生なのだと思います

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP