電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

天地の声

万物の外 六合の内 天地の変 陰陽の応

彼の春の暖は 夏の暑となり 彼の秋の忿は 冬の怒となる

四変の動 脈これと与に上下す

以て春の応は規に中り 秋の応は衝に中り 冬の応は権に中る

是の故に冬至四十五日にして 陽気微かに上り 陰気微かに下る

夏至四十五日にして 陰気微かに上り 陽気微かに下る

(source : 『黄帝内経 素問 脈要精微論篇』)

 

 

東洋医学には  人は自然の一部であるという考えがあります

現代社会に於いては  人が世の頂点に立っているかのような暮らしをしていますが

人の要である 心(しん)に連なり  血(けつ)を運ぶ脈も

四季の気候に従って変化しているのです

 

意識していてもしなくても  からだが自然の活動と一致しているときはよいのですが

そうでないときは病があることを疑います

 

今は何より

天地の声に耳を傾けてみること

そして

どこかに畏れの気持ちを持つことが必要なのかも知れません

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP