電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

若冲が来てくれました

休日を利用して久々の博物館

『東日本大震災復興支援   「若冲がきてくれました」』という

伊藤若冲(じゃくちゅう)をはじめとするコレクション展が行われていました

米国在住のプライス夫妻が  「震災にあった東北の人々に美しいものを見せたい」

という一念のもとに実現させた展覧会なのだそうです

 

 

子供たちにも江戸絵画のよさを知ってもらえるよう  随所に工夫が凝らされていて

とても見やすく親切なつくり!

 

例えば「目」に特徴がある作品群には「目がものをいう」

多くの人・ 動物が描き込まれた作品群は「数がものをいう」というタイトルをつけ

わかりやすく解説しています

 

最大の見せ場は至近距離でみることができる『鳥獣花木図屏風』でしょうか

「生命(いのち)のパラダイス」というコーナーで待つこの作品は

プライス夫妻が最も見せたかった作品のひとつだそうです

生命の輝きと躍動感にあふれたこの作品をみていたら  不思議と心が落ち着きました

 

美しいもの  本気の仕事は癒しになる・・・

それを知っている夫妻だからこその企画なのでしょう

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP