電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

インビクタス

私を覆う漆黒の夜 鉄格子にひそむ奈落の闇

どんな神であれ感謝する 我が負けざる魂(インビクタス)に

無惨な状況においてさえ 私はひるみも叫びもしなかった

運命に打ちのめされ 血を流そうと決して頭は垂れまい

激しい怒りと涙の彼方には 恐ろしい死だけが迫る

だが、長きにわたる脅しを受けてなお 私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと いかなる罰に苦しめられようと

私が我が運命の支配者  私が魂の指揮官なのだ

(ウィリアム・アーネスト・ヘンリー『インビクタス』)

 

南アフリカ元大統領ネルソン・マンデラ氏の自伝映画「インビクタス」

アパルトヘイトを背景とした白人と黒人の根強い対立が残る南アフリカにおいて

国をひとつに新しい南アフリカをつくるため

弱小ラグビーチームがワールドカップ優勝を目指し戦います

マンデラ氏が大統領就任前の27年間監獄で過ごした際 心の支えとしたのが

この詩『インビクタス』なのだそうです

 

フランクルの『夜と霧』もそうですが

過酷な状況にある者が心のよりどころとすることがらには共通したものがあるようです

どんな状況に於いても「私の運命」や「私の魂」は私のもの

何人ともそれを侵すことはできない・・・

 

またこの映画では「赦し」というキーワードもあげています

「赦しは魂を自由にする」「赦しこそ最大の武器」

かつて仲間を殺し自分を投獄した白人を赦して国を再生しようとする姿に考えさせられます

 

ネルソン・マンデラ役にはモーガン・フリーマン

ラグビーチームのキャプテンにはマット・デイモンが配役されています

安心してみられる映画です

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP