電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

火運不及

歳火不及なれば 寒すなわち大いに行り

長の政は用からずして 物栄らんとするも下る

復すればすなわち埃鬱し

大雨且に至らんとして 黒気すなわち辱さる

(source :『黄帝内経  気交変大論篇』)

 

 

記録的な豪雨が各地を襲っています

息苦しいほどの激しい雨が  まとまって街をのみ込む姿は

直視できるものではありません

 

 

癸巳(みずのと み)の今年は火運不及の年

つまり「火の気」が弱い年

運気は「熱」  勝気は「寒」  復気は「雨」

 

火の気が水の気によって抑制されると  火の気が反発をします

土の気を生じて塵埃を集め  大雨を降らせるという自然界の「報復」です

 

 

集中豪雨という言葉がはじめて使われたのが1953年

この年は九州や和歌山  京都などで大変な被害がありましたが

60年まえの癸巳年のことです

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP