電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

風雨の人を傷るや

風雨の人を傷るや 先ず皮膚に客し 伝わりて孫脈に入る

孫脈 満つれば則ち絡脈伝入し 絡脈満れば則ち大なる経脈に輸す

血気と邪 并して分腠の間に客すれば 其の脈 堅大なり 故に実と曰う

実なる者は外堅く充満して これを按ずるべからず

これを按ずれば則ち痛む

(source : 『黄帝内経素問 調経論篇』)

 

 

ひとの体調を崩す原因となるものに「邪」があります

風・寒・暑・湿・燥・火の六淫と呼ばれるものは  外から侵入し病を起こします

 

最近は天候が不安定で  突然の風雨に襲われることもたびたび・・・

傘をささずに雨にうたれることも珍しい光景ではありませんが

おすすめはできません

外邪は皮膚から入り  内侵していくからです

 

病にかからないためには  まずは邪を入れないこと

皮膚をあらわにせず  風や雨をうけぬようブロックすることが大事です

もし当たってしまったら  放置せずに拭うこと

表面にいる段階で対処すれば  大事にはいたりません

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP