電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

陰平にして陽秘なれば

凡そ陰陽の要は 陽密なれば乃ち固し

両者和せざれば 春に秋なく若く 冬に夏なきが若し

因りてこれを和す 是れを聖度と謂う

故に陽強にして密なること あたわざれば 陰気乃ち絶す

陰平にして陽秘なれば 精神乃ち治す

陰陽離決すれば 精気乃ち絶す

(source : 『黄帝内経素問 生気通天論篇』)

 

 

聖人は  春夏に陽気を  秋冬に陰気を養う・・・

四季によって変化する植物・動物のように過ごすのだそうです

 

花がたくさん咲くのはきれいですが  咲きすぎると株が消耗します

外に向かっての表現も大事ですが  内なる声を育てることも必要です

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

 

 

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP