電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

臓躁

婦人  臓躁 しばしば 悲傷して哭せんと欲し 象神霊の作す所の如く しばしば欠伸す

甘麦大棗湯之を主る

(source :『 金匱要略』)

 

 

しばしば悲しみ  声を上げて泣き  神がかりのような振る舞いをして  あくびをよくする

女性に多いといわれる症状「臓躁(ぞうそう)」

いわゆるヒステリーの状態です

 

感情が不安定で常に不安感があり落ち着かない

感覚的には鈍感または過敏で  神経が高ぶって眠れないこともある

東洋医学ではこれを「心」と「肝」の血虚ととらえ治療を行います

 

女性には月経があるため  体内環境が常に一定ということはありません

それでも仕事や家事があり  不調を隠してがんばると

ときに大きく乱れ  爆発することもあります

 

適度に体は動かしつつも過労はさけ  情志は抑鬱せぬよう

気をつけたいですね

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP