電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

症状でなく証をみる

漢方薬への印象は大きく二通りに分かれるようで

先日たまたまお話しした方は

飲みにくいとか効かないという  ネガティブなイメージをお持ちでした

 

 

最近  エキス剤の漢方薬でも「証」がぴったり合えば

症状だけでなく性格にもよい影響を与えることを目の当たりにし

目が開かれた思いです

 

ここで注意しなくてはならないのは  症状から薬を選ぶのは案外難しいということ

 

○○には△△が効くという分類は一見  手軽で便利そうなのですが

漢方薬は本来 Aさんの○○には△△が効き  Bさんの○○には××でないと効かない

というものなのです

つまり同じ○○という症状を抱えていても 人によって原因は異なり

その原因の根底にあるのが疾病の本質「証(しょう)」なのです

 

日本の鍼灸師は残念ながら薬剤を処方することはできませんが

「証」をとらえて治療を行うことに変わりはありません

今回の経験は「不足は補い  過剰は泻す」という基本治療をきちっと施すことが

「治す」ための近道ということを再認識しました

 

さらに  人は自然の一部であることをいつ何時も忘れてはならない・・・

そんな風にも感じました

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP