電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

暴かに喜べば陽を傷る

およそ病を診せんと欲する者は

必ず飲食居処 暴かに楽しみしか暴かに苦しみしか

始めに楽しみしも後に苦しみしかを問う

皆 精気を傷り 精気をして謁絶せしめ 形体をして毀沮せしむればなり

暴かに怒れば陰を傷り 暴かに喜べば陽を傷る

厥気上行して脈を満たし形を去る

(source : 『黄帝内経素問  疏五過論篇』)

 

 

寒いながらも  うっすら春の訪れを感じるこの頃

 

春先というのは体調を崩すことが多いですよね

気候の変化もさることながら

状況や環境の変化に伴う感情の揺さぶりが  大きく影響しているようです

 

春先に多い  出会いや別れ  慶び事や悲しい出来事は「いつも」とは異なるため

精気をすり減らし  体を蝕みます

黄帝内経には突然の怒りは「陰」を 突然の喜びは「陽」を損傷するとあります

 

様々な出来事に揺さぶられるのが人間らしい

という見方もありますが

それが病の種になっていることを  どこかに留めておくことも必要です

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP