電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

命門の火

昔の手帳をめくっていると

「30過ぎで禿げ上がるのは、命門の火が強すぎて自らの毛を焦がす」の文字

 

 

本を読んでいて  気になるところをメモすることがあるので

たぶんそうだろうと思いながらも  衝撃でした

 

命門(めいもん)とは  生命根本の気が蔵されているところで

命門の火は  生命本元の火であり  性機能と生殖能力の根本であるといわれています

でも  その働きが旺盛になりすぎると  上記の様に頭髪に影響が出たり

不眠や多夢  性機能の異常となって現れます

 

難経では

「腎の両つあるは、皆腎には非ざるなり。

その左なる者を腎となし、右なる者を命門となす。

命門は諸々の神精の舎る所、原気の繋る所なり、男子は以て精を蔵し、女子は以て胞に繋く」

とふたつある腎のうち  そのひとつが命門であると述べています

またツボでいう命門穴は ふたつある腎兪穴の間  脊柱間に存在します

 

いずれにしても働きが過剰な場合は取り除き  不足は補う治療を行います

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP