電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

二十四節気 小満

陽気が高まる頃  小満(しょうまん)

新緑と花とがやさしい色を成しています

なかでもこの牡丹!

 

 

治療室からも見える位置に咲き誇るこの大輪の花は

低木の植物で その根の皮が牡丹皮(ぼたんぴ)といって

消炎・解熱・鎮痛に薬効がある生薬として使用されています

 

そして牡丹とよく比べられる芍薬(しゃくやく)

こちらは木ではなく草ですが根を刻んで用いるそうです

 

『新本草備要』には赤芍薬と白芍薬にわけてそれぞれ

「瘀を散じ、血を活し、腫瘍を治する、また鎮痛調経の薬たり」

「腹痛、痢疾等の症に用い、また解熱の作用があり、感冒と肺病に用い、婦人の調経薬中にも用いる」

とその主治を説明しています

 

女科の要薬といわれる当帰とあわせた当帰芍薬散が

安胎や更年期障害など  女性のための良薬といわれる理由はここにあります

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP