電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

化学物質過敏症の鍼治療

仙台鍼研究会の定例勉強会

今回のテーマは「高血圧」そして「化学物質過敏症」でした

 

 

化学物質過敏症というとケミカルな臭いに耐えられず  その場に居られない

という症状を思い浮かべますが

まぶしい・動く物を追えないという目の症状や

音に耐えられなかったり  塞がる あるいは開きっぱなしという耳の症状

体の痛みや下痢・吐き気・イライラなど

人によって異なる様々な症状を訴えます

 

一度症状がでてしまうと  その原因物質(事象)に対して恐怖感を持ち

また発症するのではないかという予期不安のため 行動が制限されてしまいがちです

渡邊式鍼治療で  症状の軽減を経験すると

「発症したとしても治まる」ことが自信になり  不安が小さくなっていくようです

 

精神的な問題とかたづけられ  理解のない声に苦しむ方が多い疾患ですが

化学物質「中毒」の手前の「過敏症」・・・

そのように考えたら「誰にでも罹りうる疾患」と理解できるかも知れません

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP