電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

横なでの症

子どもにままあるのですが「口のまわりをなめすぎる」という症状

舌をベロリと出し しょっちゅうなめているので

鼻の下や口角  アゴの近くまでただれてしまいますが  本人はお構いなし

見ている親の方が気になってしまいます

 

 

漢方医の大塚敬節氏によりますと

江戸時代にはこれを「横なで」の症といったそうです

昔から子どもによくある症状だったようです

 

この手の症状は  無理に止めさせようとしてもなかなか難しいもの・・・

刺さない針  小児鍼(しょうにはり)を使った治療がよく効くことがあります

さわってみると肩や背中がこわばって  臍の両脇に硬い線状のものが触れることがあります

この解消を目標に治療を行うと  少しずつ改善することが多いようです

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP