電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

小児鍼は効く!

小児鍼は年齢や症状によって刺激の方法 回数が異なります

 

 

たとえば熱が下がったのに咳だけがずっと続く小学生

背中をみると肩甲骨の間  ちょうど肺に関わるツボの付近にうっすらと毛が生えています

経験的にこういう子は呼吸器系が弱い場合が多いのです

首の付け根から背中 手や足にわずかに力をのせて刺激します

1日目から咳の回数が減りましたが、3日連続で施術し 様子をみてまた3日施術します

本人がこれをやっていると咳が止まると自覚しているので シュッシュッしに行こうというのだそうです

 

別の例では急に始まった激しい夜泣きの7ヵ月の赤ちゃん

表情も険しく 髪も逆立っています

手強いぞと思いながら全体を軽い刺激で小児はり 身柱穴に軽く棒灸を

2日目にようやく効果が出ました

 

赤ちゃんへの刺激はごく短くやわらかく

普通程度の疳の虫であれば2~3日続けて行うとokですが

症状が強い子はもう少しかかることもあります

 

いずれにしてもこんな軽い刺激でよくなるなんて 子どもはすごい!

おうちでのケアの方法をお伝えして終了です

(許可を得て掲載しています)

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP