電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

夜泣き・かんの虫に小児はり

肝疳は  頭を揺がし  目しぼめき  目を揉み  汗を流し  俛き伏し  筋青く  身も青し  髪立  筋をいたみ  痩つかるる

心疳は  面赤く  身熱し  咽渇き  小便赤く  鼻下ただれ  腹張  口瘡虚  驚く

肺疳は  咳多く  喘き  鼻を揉み  爪を咬み  寒熱  鼻瘡  身白色  腹脹

腎疳は  躰痩  身に瘡疥あり  寒熱し  雀目  足冷え  嚢しめり  水を好み  声かるる

脾疳は  身黄み  肚大に  泄泻  不食し  土を吃ひ  地に臥すことを好む

(source : 『鍼灸重宝記』)

 

 

夏休みがはじまって一週間

そろそろお疲れのお母さんも  いらっしゃるのではないでしょうか

子どもが休みで負担なのが毎日の昼食の準備   ・・・ハァ(ため息)

ここのところ天気が悪く外で遊ぶことができないため  子どももストレスがたまります

 

いわゆる疳の虫(かんのむし)と言われる

子どものイライラ・キーキー声・ぐずり・夜泣きには

刺さずに優しく刺激する  小児はりがよく効きます

一般には女子は初潮  男子は変声までが対象といわれていますが

独特のやわらかい刺激は大人にも快感です

 

疳の虫の原因もひとそれぞれ

原因となる臓腑を診断し  弱っているところを補い  過剰を除いてからだを調えます

 

まだまだ長い夏休み

親も子も限界が来る前に

小児鍼・・・どうぞお試しください

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP