電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

夜泣きの理由

東洋医学では  子どもが夜泣き止まないことを夜啼(やてい)といい

その原因について大きく三つに分類しています

 

ひとつ目は「寒」

顔色が青白く  手足に冷えがあり  食欲がない場合

二つ目は「熱」

顔が赤く 冷えはなく  口が渇く場合

三つ目は「客忤(きゃくご)」といって  恐い思いをした場合

 

小さいお子さんへの治療は  刺さないで撫でるようにやわらかく刺激する

小児鍼(しょうにはり)を使います

 

 

症状にもよりますが  小児鍼は刺激量が少ないため

まずは3日連続で来ていただくことをお願いしています

その後様子を見ながら間隔を空けますが

ほとんどは5回程度の治療で軽減しています

 

ただ  いわゆる「カン」の強いお子さんは  新しい体験をするとまた症状が出ることもあるので

「ひと月に一度は小児はりを受けておくと安心」

とママからの感想をいただいています

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP