電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

こどもの肩こり

仮設住宅ができるまえ  まだ避難所でボランティアを行っていたとき

子供達にマッサージをしていて笑われたことがありました

同業者に子供にマッサージしてどうするの?とまで言われたことも・・・

 

 

2011年  ゴールデンウィーク前の若林区の避難所には畳や布団がありませんでした

冷たい体育館の床に段ボールを敷き詰め  その上に毛布を敷いて暮らしていたのです

子供達に声をかけると  必ず体が痛いと返ってきました

固い床のせいばかりでなく  ぐっすり眠れないこと疲れがたまっていることもあり

肩~背中~腰にかけて筋肉の緊張が強かったことを覚えています

 

小児鍼の患者さんで

訴えは夜泣きやおねしょであっても  肩がとても張っていることがあります

意外なようですが  0才の赤ちゃんであってもです

大人なら「肩もんで~」と言えますが  そうはいかず調子の悪さをぐずぐずで訴えます

 

小児はりや  やさしく軽いマッサージで全身を整えると顔色もよくなり機嫌も治ってきます

肩の張りも緩んで治療の甲斐があったようです

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP