電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

お辞儀をしながら

鍼灸マッサージ師でもある理学療法士  鈴木一先生による研修会

『在宅片麻痺のリハビリテーション』

リハビリテーション医学は鍼灸師の国家試験の科目にもなっているため

ひと通り学んではいたのですが

やはり臨床経験豊かな先生のお話と実技はひと味違う!

とくに自立を促す介助方法については目から鱗もの・・・

 

 

そんなお話の中にあった  普段から使える

「立つとき座るときに膝・腰に負担をかけない方法」

 

イスに座っていて立ち上がるとき

反対にこれからイスに座ろうというとき

どちらも軽くお辞儀をしながら動作するとよいそうです

 

立ち上がるときは  軽くお辞儀をすることによって重心が前に移動します

その力を利用して膝を伸ばすと楽に立ち上がりの動作が行えます

イスに座るときも  同様にお辞儀をして重心を前に置き  膝をゆっくりと曲げて

おしりがイスについてから体をまっすぐにすると

膝や腰に負担がかかりません

 

介助する場合もこの方法を利用すると  小さな力で行うことができます

両脇の下に手を入れて持ち上げるのは  不自然な動きであり

間違いであることに気付かされました

 

相手にとって最も自然な動きを理解し手助けをする

介助とは互いに優しい方法なのです

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP