電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

目の病に腕のツボ

五十肩の治療によく使われる臂臑(ひじゅ)穴

腕を肩の高さまで上げたとき  肩関節の前後にふたつのくぼみができます

その前方のくぼみから指四本分  肘の方に下がったところにあるツボです

 

 

昭和の名灸師  深谷伊三郎先生は  このツボを声がれや目の疾患の治療に使っていたそうです

後者については「臂臑穴の眼科疾患に対する効用-灸法による視力回復」

という論文を発表し  緑内障・白内障・中心性網膜炎患者に対する治療例をあげています

この効果について氏は 「眼球周辺部の血流異常を調整する作用機序があるのではないか」

と考察しています

目の疾患に腕のツボを使う・・などの遠隔療法は鍼灸治療ではよく行われる方法ですが

古典的裏付けがないため「追試を期待したい」とのこと

 

「目!」と言ったらこのツボを使うようにしているのですが

最近では花粉症による目の痒みに活躍しています

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP