電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

お灸のちから

人の身に灸をするはいかなる故ぞや

曰く 人の身いけるは 天地の元氣をうけて本とす

元氣は陽氣なり 陽氣はあたたかにして 火に属す

陽氣はよく萬物を生ず 陰血も亦元氣より生ず

元氣は不足し 鬱滞してめぐらざれば 氣へりて病生ず

血も亦へる然る故火氣をかりて 陽をたすけ 元氣を補へば 陽氣発生してよくなり

脾胃調ひ 食すすみ 気血めぐり 飲食滞塞せずして陰邪の氣さる

是  灸のちからにて 陽をたすけ 気血をさかんにして 病をいやすの理なるべし

(source :『貝原益軒 養生訓』)

 

 

お灸は 「あたためるもの」 と思っていませんか?

もちろん  冷え症の改善にも効果はありますが

あたためているわけでもないのです

あたためて改善させるのは「棒灸」や「温灸」という  比較的多くのモグサを使うとき

いわゆる「お灸」は  ここ!というポイントへの熱刺激が

病の原因となっているところの血行を促し  調子を整えるよう働きかけているのです

 

お灸がとくに力を発揮するのは  心身が消耗しているとき・・・

疲れて疲れてしかたがないようなときなど

元気を補い  力を与えていきます

 

花が咲いた後  肥料をやりますよね

そんな感じで  体にお灸をする習慣があれば  いつも元気でいられるのではと思います

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP