電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

誤りなき学習

片麻痺に対する治療の文献を読んでいると

「再建・強化したい神経路にのみ興奮を繰り返し伝えることが重要」の言葉

特定神経路への反復興奮伝導「誤りなき学習」が不可欠であるとのこと

 

 

例えばある2枚の顔写真と2枚の名前カードを示して記憶に関する実験を行うと

顔写真Aのあとに名前カードAとBを示し 「AですかBですか」という質問する方法では

顔写真Aと名前カードAのつながりばかりでなく 顔写真Aと名前カードBの記憶も強化される

一方  顔写真Aを示した後で名前カードAを示し

「Aですね」と再確認することを反復するとAの顔と名前の一致が強化される

これが「誤りなき学習」です(Baddeley 1994)

 

当たり前と言っては当たり前のこの方法ですが

片麻痺回復についても同じこと

麻痺がなければスムーズに的確な動きをする筋肉ですが

麻痺がある つまり自然な動きを忘れてしまったときには

目標とする動作をするためにどの筋肉を動かせばよいのか意識し

「認識しながら動かす」を繰り返すことが重要です

 

以前は新生することはないと言われていた神経細胞ですが

反復刺激を与えることで新たな可能性が見えつつあります

 

人の能力は未知数

損傷をうけたとしても

一部免れた神経と可能な限り早期のリハビリテーションで

機能回復を目指す方法が確立しつつあります

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP