電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

トムハンクスの仕事

先日  劇場公開中の「キャプテン・フィリップス」を鑑賞してきました

船上でのシーンが多く「酔う」と聞いていたので

「内関(ないかん)穴」に円皮鍼を貼りスタンバイ

 

 

評判通りの魅せる映画!

ドキュメンタリーと見紛う  動きのあるカメラワークでしたが

「酔う」こともなく無事エンドロール

 

どんな役を演じても本人のカラーが強く出るタイプや

逆に役ごとに自分を消して全く別人になる俳優がいますが

主演のトム・ハンクスはそのいずれにもあてはまらないような気がします

 

画面に存在するのはリチャード・フィリップスそのもので

演技であることを微塵も感じさせませんが

「トム・ハンクスを見ている」という安心感も確かにあるのです

 

オスカーも二度受賞し  期待されつづけ

毎回相当のプレッシャーがあるのではと(余計なお世話ですが)思います

それでも「止めるわけにはいかない」と言って努力を続けるのは何故なのか

仕事は根本的には皆同じなのかも知れない・・・  と

しばらくぼんやり考えたのでした

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP