電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

暑証いろいろ

東洋医学では 暑さが原因で起こる病を「暑証(しょしょう)」といいます

その程度は「傷暑(しょうしょ)」といわれる軽度のものから

「中暑(ちゅうしょ)」という重症のものまで  細かく分類されています

 

 

例えば「陰暑(いんしょ)」は

冷風に当たったり 冷たい物の飲食が原因で起こる病のことを指し

暑熱だけでなく風寒の邪も侵入して起こります

疲れやすかったり  体の痛みや悪寒などの症状があり  いわゆる冷房病もこれにあたります

また「冒暑(ぼうしょ)」は暑邪を感冒することの意で

この邪が胃腸を損ない悪心 下痢 頭重などを発症します

 

飲食による冷たい水分や暑さに伴ってまとわりつく湿気は  脾胃を傷ります

この時期  胃腸の調子が悪い方が多いのも「湿」が原因です

もともと水太りタイプであったり 浮腫みやすい方にはつらい季節です

このようなタイプの方は  湿をとどめてしまう甘い物・油っこい物を好み

体を動かす習慣のない場合が多いようです

 

必要な水分をとりつつも不要な「湿」は体外へ積極的に排出できるよう

日頃から体を調えておく必要があります

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP