電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

体表の門

四時八風の人に中るや 故に寒暑有り

寒なるときは則ち皮膚急れて腠理開く

暑なるときは則ち皮膚緩んで腠理開く

賊風 邪気は因って以て入ることを得るか

将た必ず八正の虚邪を須って乃ち能く人を傷るか

(source : 『黄帝内経 霊枢 歳露篇』)

 

 

寒いときは体は縮こまり 皮膚も締まりますが

暑いときには皮膚が緩んで汗を出し熱を逃がします

東洋医学ではこの働きをするところを「腠理(そうり)」といって

気血を流通する門戸  外邪が体内に侵入するのを防御するところとも捉えています

 

暑いときはこの腠理が開きっぱなしになりますが

これは外邪にとってはおいしい状態

日によって冷たい風が肌にふれるようになるこの頃は要注意!

少しでも汗をかいたらこまめに拭いたり

首回りは露出を控えながら外邪の侵入をブロックし

季節の変わり目をすごすことが大切です

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP