電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

五月の養生

陽明の所謂る洒洒として振寒すとは 陽明なる者は午なり

五月は盛陽の陰に之くなり

陽盛んにして陰気これに加う

故に洒洒として振寒するなり

(source : 『黄帝内経素問 脈解篇』)

 

CIMG0287

 

今日から五月

新緑に花と  陽気の盛りを感じさせる明るいとき

陽のピークである夏至はもうすぐそこに

ピークと云うことは陽気が最盛の一方で  陰の気も上りはじめるということでもあります

 

黄帝内経によると  この時期の病は陰陽の争いによるものが多いとのこと

気が上逆して  喘息のような症状やイライラ・頭痛が起こりやすいとき

 

足元をしっかりと  意識を臍下丹田に向けて乗り切りたいものです

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP