電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

飲食飽くこと甚だしければ 

飲食飽くこと甚だしければ 汗 胃より出づ

驚きて精を奪わるれば 汗 心より出づ

重きを持ちて遠行すれば 汗 腎より出づ

疾く走り恐櫂すれば 汗 肝より出づ

体を揺るがし労苦すれば 汗 脾より出づ

(source : 『黄帝内経素問 経脈別論篇』)

 

 

人は色々な事象に影響を受けながら生きています

例えば雨の日は関節が痛んだり 晴れた日は気分がよかったり

また日が暮れてからの外出は  日中のそれよりも疲労感が強かったり・・・

 

天候や季節を変えることはできませんが

その変化にあっても体調を維持する方法はあるようです

 

「過ぎたるは及ばざるがごとし」で

黄帝内経は  過度の飲食や  精神の動揺に過労・・・

つまり心身の過度の使用が発病の原因と説いています

ここに注意すれば  気候・天候が不安定であっても  影響を受けにくくいられるそうです

 

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP