電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

邪は浅いうちに討て

百病の始めて生ずるや 必ず皮毛に於てす

邪之に中れば則ち腠理開き 開けば則ち入りて絡脈に客す

留まりて去らざれば 伝わりて府に入り 腸胃にあつまる

邪の始めて皮に入るや 泝然として毫毛を起こし 腠理を開く

其の絡に入るや 則ち絡脈 盛にして色変ず

其の入りて経に客すや 則ち虚に感じて乃ち陥下す

(source : 『黄帝内経素問 皮部論篇』)

 

 

皮膚の状態を診察することは  病を把握する上で最も大事なことの一つです

目視では  毛並みや色  つや  血管の状態

触っては  ざらつきや冷え  凹凸など  他とは異なるサインを捉えます

 

カゼの引き始めに背中がぞくぞくしたり  鳥肌や毛が逆立つような感じがするのは

風邪(ふうじゃ)が表面を襲っているから

この段階でブロックすれば事なきを得ますが

放っておくと体内に入り込み  腸胃に集まります

 

邪は段階を経て大病に変化するのです

体表にいる間に早めに治療すべきなのは  言うまでもありません

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP