電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

虚をして生化せしむるなり

寒暑六つ入るが故に 虚をして生化せしむるなり

故に燥勝ればすなわち地乾き 暑勝ればすなわち地熱し

風勝ればすなわち地動き 湿勝ればすなわち地泥り

寒勝ればすなわち地裂け 火勝ればすなわち地固まる

(source : 『黄帝内経 素問  五運行大論篇』)

 

 

寒暑とは一年

六とは六気(風寒暑湿燥火)のこと

六気が人の生活の場である(宇宙の真ん中の)大地に受け入れられて

はじめて  万物が生まれ育まれる

もし大地が完璧で少しの隙もなかったならば

六気を受け入れることもできず  何も生まれなかったはず

 

少し前にはやった物理学用語『エントロピー』

古代中国の人々も同じようなことを考えていたようです

「虚をして生化せしむる」

「整然でなく混沌」

無秩序で一見無駄なようなところにこそ  誕生のもととなる動きができる

 

「無駄」には効率以上の成果があるようです

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP