電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

未病治

肝の熱病なる者は 左の頬先ず赤らむ

心の熱病なる者は 顔先ず赤らむ

脾の熱病なる者は 鼻先ず赤らむ

肺の熱病なる者は 右の頬先ず赤らむ

腎の熱病なる者は 頤先ず赤らむ

病未だ発せざると雖も 赤色を見わす者はこれを刺す

(source : 『黄帝内経素問 刺熱論篇』)

 

 

なんとなく調子がすぐれない・・・

これを放置せず  きちっと対処することを「未病を治す」といいます

なんとなく不調の先には病があり  病の発症に先立っての治療はとても大事なことです

 

最近「顔の発赤・腫れ」を訴える患者さんが続いていました

しかも箇所は左の頬

春は肝気が旺盛な季節である一方  肝に不調が表れやすい季節でもあります

いずれの患者さんも  普段はない肝腧というツボの膨隆がありました

 

人は 想像以上に季節の影響を受けていると実感すると同時に

長く伝わる文献には  発見と感動へのショートカットが散りばめられている と感じました

 

仙台市青葉区の鍼灸院

かなやはり灸治療院のブログ

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP