電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

手足がほてる

東洋医学には虚実(きょじつ)という分類がありますが

正気が不足することを「虚」

正気は不足せず邪が盛んな状態を「実」といいます

 

 

イメージとして「虚証」のかたは疲れやすく  冷えがあり  全体に弱い感じ

「実証」では比較的体力があって症状の出方は激しく  痛みがあれば強い感じ

 

「ほてり」という症状があります

手足が熱く感じて布団から出して寝ていたり

首から上が暑くてうちわを手放せないとか

これ  一見「実」の症状に思えますが「虚」である場合が多いのです

 

血・精・津液が不足した事によって起こる「陰虚(いんきょ)」という状態の可能性があります

 

この場合の治療は不足している「陰を補うこと」

内くるぶしにある照海(しょうかい)穴や太谿(たいけい)穴

臍下の関元(かんげん)穴にお灸などで施術します

セルフケアとしては

暑さを感じていてもしっかり靴下をはき 腹巻きなどもして

この部位をあたため補うことが大切です

 

暑くても「虚」

このケース女性にはよくあって

産後や閉経の前後など体調の不安定なときや

過労が続いた時などに起こりやすいようです

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP