電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

寒邪について

冬の主気である寒邪

・  陰の邪気で陽気を損傷しやすく

からだをあたためる働きや体表の防衛機能を低下させる「寒冷性」

・  気血の運行を遅滞・凝結する「凝滞性」

・  汗孔を閉じたり筋肉を収縮させる「収引性」

・ 臓腑に直接侵入し病を起こす「直中(じきちゅう)」

という4つの特徴をもっています

 

 

たとえばさらさらな鼻水が流れ落ちたり 薄い痰がでるときは排泄物の特徴から

寒邪が入ったことを疑いますが

カゼ以外 たとえば腰痛なども 急に激しく痛むときには寒邪を疑います

その凝滞性は気血を不通にし不通は強い痛みを起こす(不通則痛)・・・

冬場に増えるぎっくり腰は寒邪によることが多いのです

 

また夏にはおいしいアイスも

冬 からだの陽気が不足しているときは 寒邪を臓腑に侵入させるトリガーとなります

隙あらば病をおこそうと狙っているのです

 

外と内からあたためて寒邪をブロック

うっすらと汗をかくようなところからは退散します

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP