電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

吉益東洞

腹は生あるの本なり

故に百病は此に根ざす

是を以つて病を診するには 必ず其腹を候う

(source : 『医断』吉益東洞)

 

 

東洋医学のイメージのひとつに

「神秘的」というのがあります

陰陽や五行という普段は使わない概念をベースに

見立て・治療を行う様子が  まじないや占いを連想させるからでしょうか

 

国家試験の勉強中によく目にした名前  吉益東洞(よしますとうどう)

「江戸中期の医師で古医方派」と暗記した覚えがあります

 

昭和の漢方医の書籍を読むうち  東洞にあたりました

氏がいなかったら

現在医師が病院で漢方薬を処方することもなかったのでは・・と思ってしまいます

 

賛否両論ありますが  東洋医学の神秘的な部分を排除し

より再現性のある診断を確立しようとした

理論ではなく診察が大事と説いた人物です

 

東洋医学を学んで突き当たる「?」がどこにあったのか

糸口をつかめたような気がします

 

ちなみにあの華岡青洲は東洞の長男 南涯の弟子だそうです

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP