電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

医王湯

何でもかんでも葛根湯を出すという藪医者の小咄があります

どのくらいヤブかというと

終いには付き添いにも「葛根湯を出すから飲みなさい・・」だそうで

 

 

補剤の王様という意味の医王湯(いおうとう)

現在では補中益気湯という名で知られる漢方薬ですが

中(胃腸)を補い  気を益する(元気をつける)働きがあるといわれています

ご想像通り  何でもかんでも・・・の医王湯医者が居たようです

 

実際には漢方医の津田玄仙が8つあげているように

この方剤を使う目標があります

例えば手足がだるかったり  言葉や目に力がない

食べ物の味がしないなど

 

元気と胃腸の機能とは深い関わりがあります

日頃から暴飲暴食をつつしみ  胃腸をいたわることが元気につながるはずです

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP