電話:022-277-7682 9:00~17:00(16時受付終了) 休診日:水曜日・日曜日・祝日

痛いものは痛い

鍼を打つときは  極力痛みを与えないように気をつかいます

特に初めての患者さんへの一打は細心の注意を払います

 

日本の鍼灸師の多くは「鍼管」という管を用いて  皮膚を圧迫しながら鍼を打つので

基本的にはあまり痛みを感じさせずに施術ができます

あとは少々技術の問題が入ってきますが・・・

 

 

妊娠を望んでいる方に

子宮と卵巣の血流増加を狙って行う刺鍼法がありますが

この手法を行うときは普段よりもさらに慎重を期します

それは通常よりも太く長い鍼を使い  ズンと響く独特の刺激を与えなくてはならないからです

 

数回の治療で徐々に太い鍼に慣れていただき 了解を得た上で

さらにしつこいほど「痛いですよ」「重さが残りますよ」と確認し

「痛いですよね」「痛いなあ」「だめだったらやめますよ」と言いながら施術をします(!?)

 

この刺鍼法  耐えられない方に無理して行うことはありませんが

様々な症例をみると効果がより高いことは裏付けされています

 

実際に行うと「案外大丈夫だったと」いう返事が必ず返ってくるので

毎回  女性は強いなぁと思いながらも

「痛いものは痛い」とこれからもきちんと伝えることを確認するのでした

 

上記は不妊治療法の全てではありません

痛くない方法もありますのでご安心を!

 

 

 

 

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


PAGE TOP